ファイルのパス

Linuxのパス

Windowsでは、ファイルやディレクトリの位置を表す際に、c:¥tmp¥test.txtなどと書きますが、同様にLinuxでもファイルやディレクトリの階層を表すパスがあります。
Windowsと異なる点は以下のとおりです。(同じUnix系のMacユーザーはこのあたりの説明は飛ばしていただいて構いません。)

  • ドライブがなく最上位階層は/
  • 区切り文字は¥ではなく/

Windowsではドライブレターがパスの最上位階層となりますが、Linuxでは/(スラッシュ)が最上位となります。この/をルートディレクトリと呼びます。また、ドライブという考え方はありません。

相対パスと絶対パス

絶対パス

ルートディレクトリからパスを順番に下ってパスを表す方法を絶対パスと呼びます。フルパスと呼ぶ場合もあります。

例えば、ルート直下のhoge.txtの場合、/hoge.txtと記述します。また、ルート直下のtmpディレクトリの下にあるfuga.txtの場合、/tmp/fuga.txtとなります。

カレントディレクトリと相対パス

コマンドラインで現在作業中のディレクトリをカレントディレクトリと呼びます。カレントディレクトリからの相対的なパスを相対パスと呼びます。
相対的パスを表すために、以下の記号が用意されています。

記号意味
.現在のディレクトリ
..上の階層のディレクトリ
~(チルダ)ホームディレクトリ

また、.と..以外に、ホームディレクトリと呼ばれるログインしたユーザー専用のディレクトリを表す記号として~(チルダ)が用意されています。ホームディレクトリについてはまた別途説明します。